図書館員のおすすめ詳細(こども)

どの本よもうかな【幼児向け】

もりのてぶくろ もりのてぶくろ
八百板 洋子/ぶん  ナターリヤ・チャルーシナ/え
福音館書店
静かな秋の森に落ちている一枚のはっぱ。そこへねずみがとおりかかって、そっと手をあててみます。「ぼくのてより ずっと おおきいや」
はっぱのもとに、かわるがわる動物たちがやってきます。子どもたちが大好きな、くり返しが楽しいおはなしです。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:2分
もみじのてがみ もみじのてがみ
きくち ちき/作・絵
小峰書店
となりの山からもみじの赤い葉っぱをもらったねずみ。自分の住んでいる山の中にもさいているか探します。森の友だちも巻き込んであっちへこっちへリズム良くお話が進みます。読み終わったらもみじの葉っぱを探したくなる、そんな楽しい絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:3分
クマとこぐまのコンサート クマとこぐまのコンサート
デイビッド・リッチフィールド/作  俵 万智/訳
ポプラ社
こぐまのパパは、昔大人気だったピアノひきでした。ある日こぐまが「もう弾かないの?」と聞くと、パパはピアノを見て悲しい顔になってしまいます。こぐまはパパに元気になってほしくて、パパの音楽仲間だったヒューゴに招待状を出します。彼は来てくれるのでしょうか?パパのブラウンとこぐま、そしてたくさんの仲間たちによる、心温まるおはなしです。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:6分

どの本よもうかな【低学年向け】

キツネとぶどう キツネとぶどう
蜂飼 耳/文  さこももみ/絵
岩崎書店
イソップのよく知られたお話ですが、新しい文と挿絵の本です。表紙に描かれた大きなブドウの実の一つひとつに「食べたい!」気持ちでいっぱいのキツネの表情が映し出されています。 おなかをすかせたキツネは、ブドウをたべることができたのでしょうか。ブドウがほんとうはどんな味だったか、聞き手に楽しく想像してもらえるといいですね。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:3分
ちょっとだけまいご ちょっとだけまいご
クリス・ホートン/作  木坂 涼/訳
BL出版
ちいさなフクロウは、ママと一緒に巣の中で眠っていたのにうっかり落ちてしまいました。
リスさんがかけよってきてママさがしを手伝ってくれますが、早とちりして違う動物のところばかりに連れていきます。 コミカルでテンポよく読める絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:3分
なまえのないねこ なまえのないねこ
竹下 文子/文  町田 尚子/絵
小峰書店
とある商店街にはたくさんの猫が暮らしていて、それぞれに「名前」がつけられています。しかし、ある1ぴきの野良猫には「名前」がありません。そこで彼は「名前」を探すことにしました。「名前」をめぐる可愛らしい猫のお話です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:4分

どの本よもうかな【中学年向け】

月のふしぎ 月のふしぎ
いしがきわたる/え  おおぬまたかし/かんしゅう
マイルスタッフ
月は地球からいちばん近くにある星。みちかけによって月の形がかわります。今日の月はどんな形をしていますか?秋の夜、月をながめてみましょう。月を観察するのにぴったりの絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:5分
ざぼんじいさんのかきのき ざぼんじいさんのかきのき
すとう あさえ/文  織茂 恭子/絵
岩崎書店
ざぼんじいさんはいつも柿をひとりじめして、皆に見せびらかせるだけ。となりに引越してきたばかりのまあばあさんにも自慢をし、柿はあげずにへたを渡します。するとまあばあさんは、もらった柿のへたをコマにして子ども達と大盛り上がり。それを見ていたざぼんじいさんはへたをねだられないように…。2人が次に何をするのか、楽しみになるお話です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:7分
わたしのもみじ わたしのもみじ
岩間 史朗/写真・文
ポプラ社
高原に一本だけ立つ「おおもみじ」の木。このもみじが気に入ったぼくは、「わたしのもみじ」と呼んで、日々を見守ります。冬には雪に覆われ、春には新芽が芽吹き、夏は虫たちの居場所になり、秋には葉を色づかせていく。鮮やかな写真で移ろいゆく「わたしのもみじ」を通して、自然の美しさを感じることができる一冊です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:6分

どの本よもうかな【高学年向け】

詩ってなあに? 詩ってなあに?
ミーシャ・アーチャー/作  石津ちひろ/訳
BL出版
ダニエルは公園で詩の発表会があることを知ります。そこで、公園にいる動物や虫たちに「詩ってなあに?」と尋ねてみることにしました。返ってくる答えはそれぞれ違いましたが、ダニエルは自分の詩を見つけて発表会に参加できたのでしょうか。美しい風景やダニエルの表情にも注目です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:7分
悪魔のりんご 悪魔のりんご
舟崎 克彦/作  宇野 亜喜良/画
小学館
吹きすさぶ荒野の中で、年老いた悪魔とジプシーの少女が出会いました。旅人の姿をした悪魔に向かって、親しげにおじさんと呼ぶ少女は、おかあさんを探していると話しかけます。おなかがすいている悪魔は少女を食べようとしますが……。せつなくて、心があつくなるお話です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:8分
注文の多い料理店 注文の多い料理店
宮沢 賢治/原作  スズキ コージ/絵
三起商行
狩猟に出かけた二人の若い紳士は山奥で迷ってしまいます。おなかもすいてきた時、西洋料理店を見つけて喜びますが、店に入ってもなかなか部屋にたどりつけなくて……。この絵本は少し離れたところから読んであげると、絵がきれいに見えますよ。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:18分
ページのトップへ