えどがわくりつとしょかん こどもページ

おとなトップへ
えほん
わるいわるい王さまとふしぎの木 わるいわるい王さまとふしぎの木
あすなろ書房 Eア
あべ はじめ 作
むかし、とてもわがままでいじわるな王さまがいました。あまりにわがままなので、けらいはみんなにげて、ひとりぼっちになってしまいました。
ある日王さまは、ひとりのおじいさんに、しあわせの実がなるというたねをもらいました。王さまはどうするのでしょう。
ゆきのひのおくりもの ゆきのひのおくりもの
鈴木出版 Eミ
ポール・フランソワ 文
ゲルダ・ミューラー 絵
ふしみ みさを 訳
しんしんとゆきがふるさむいひ。おなかがすいたこうさぎは、たべものをさがしにそとへいきました。すると、おいしそうなにんじんを、にほんみつけました。いっぽんはじぶんでたべて、もういっぽんはともだちにあげることにしました。
キスなんてごめんだよ! キスなんてごめんだよ!
評論社 Eク
エマ・チチェスター・クラーク さく
まつかわ まゆみ やく
おさるのモモはキスがきらいです。べたべたされるのはすきではないし、もうあかちゃんではないからです。
だから、もうキスしないで!と、言ったけれど、だれもきいてくれません。そんなとき、モモはおとうとのめんどうを、みることになりました。

[えどがわくりつとしょかん こどもページ]

→ このページのトップへ