えどがわくりつとしょかん こどもページ

おとなトップへ
ちしきのほん
ゾウの時間とネズミの時間 絵とき ゾウの時間とネズミの時間
福音館書店  481
本川 達雄 文
あべ 弘士 絵
左のむねにふれると感じるドキドキ。人間の心ぞうは、1分間に60~70回うちます。ゾウは1分間に30回、ハツカネズミは1分間に600回近く動いています。でも、一生の間に心ぞうがうつ回数はゾウもネズミも同じってしっていますか?
大きい動物、小さい動物、それぞれの動物の生きる時間のおはなしです。
体験しよう!縄文人のくらし 体験しよう!縄文人のくらし ①すまいと生活
汐文社  21
本山 浩子  絵と文
宮原 武夫  監修
仙台市縄文の森広場 協力
日本にはむかし、縄文(じょうもん)時代という時代がありました。そのころ作られたのが縄文土器(どき)です。土器はねん土で作られていて、発くつで見つかることがあります。むかしの人はどんな土器を使って、どんな生活をしていたのでしょう。土器の作り方もわかります。

[えどがわくりつとしょかん こどもページ]

→ このページのトップへ