えどがわくりつとしょかん こどもページ

おとなトップへ
にほんのよみもの
風の草原(そうげん) トガリ山のぼうけん① 風の草原(そうげん)
理論社 Fイ
いわむら かずお 文・絵
みんながいつもながめているトガリ山は、とんがった高い山で、てっぺんは雲にかくれている。 トガリィじいさんは、一人前のトガリネズミになるためにトガリ山にのぼったときの、とっておきの話をまごたちに話しはじめた。
鈴(すず)の音(ね)は魔法(まほう)のはじまり 鈴(すず)の音(ね)は魔法(まほう)のはじまり
ポプラ社 Fカ
河俣 規世佳 作
田川 聡一 絵
鈴(すず)は「魔女(まじょ)の道具」。その“音(ね)”にはうまく魔法をかける力があるらしい。
あや子は、魔女がすんでいそうなお店で、やさしいおばあさんとであいました。2人で鈴を鳴らすと、何かがおこるのでしょうか。

[えどがわくりつとしょかん こどもページ]

→ このページのトップへ