えどがわくりつとしょかん こどもページ

おとなトップへ
がいこくのよみもの
月の光を飲んだ少女 月の光を飲んだ少女
評論社  93ハ
ケリー・バーンヒル 著
佐藤 見果夢 訳
いけにえとして森にささげられた赤ん坊(ぼう)を、魔女(まじょ)のザンが助けだした。しかし、ザンは、魔法の力そのものである<月の光>を、赤ん坊に飲ませてしまう。ザンとくらし、成長していくうちに、少女は、不思議(ふしぎ)な力が使えるようになっていった。
エルビス、こっちにおいで エルビス、こっちにおいで
さ・え・ら書房  96モ
ロドリゴ・モルレシン 文
きたむら さとし 絵
宇野 和美 訳
ぼくは、のら犬だった。母さんと引きはなされ、ひとりぼっちになったぼくは、さまよい、いためつけられ、ある家に住むことになった。そしてまた、かなしいことが、ぼくをまっていた。 かなしみや苦しさ、さびしさののちに、光をつかむものがたり。

[えどがわくりつとしょかん こどもページ]

→ このページのトップへ