図書館員のおすすめ詳細

100時間の夜 100時間の夜
アンナ・ウォルツ/作  野坂 悦子/訳
フレーベル館
2017年発行  ISBN 978-4-577-04490-2
父親が起こしたスキャンダル。SNSなどで拡散される悪質な情報。それに耐えられなくなったエミリアは、オランダから単身ニューヨークへ。新天地でスベテ解決! とはいかず……。
●ご予約はこちら
ホエール・トーク ホエール・トーク
クリス・クラッチャー/著  金原 瑞人、西田 登/訳
青山出版
2004年発行  ISBN 4-89998-050-7
T・Jが通う高校はスポーツ至上主義。それに従わないT・Jは敵対視されがちだが、わかってくれる人もいる。人は、育った環境や体験で作られる。それを理解したとしても、許せないこともある。
●ご予約はこちら
スアレス一家は、今日もにぎやか スアレス一家は、今日もにぎやか
メグ・メディナ/著  橋本 恵/訳
あすなろ書房
2019年発行  ISBN 978-4-7515-2944-7
メルシは名門私立校に奨学金で通っている。周りの生徒とは家庭環境が違い恥ずかしく思う。家族の認知症、学校でのいじめなど受け入れがたいことはあるが、解決への過程で本当の友だちを得る。
●ご予約はこちら
食べるとはどういうことか 食べるとはどういうことか 世界の見方が変わる三つの質問
藤原 辰史/著
農山漁村文化協会
2019年発行  ISBN 978-4-540-17109-3
「今まで食べた中で一番おいしかったもの」という話題から、「どこまでが食べるなのか」など、さまざまな思いを巡らしていく。中高生が自分で考え、その考えを言葉にしていく。
●ご予約はこちら
みつきの雪 みつきの雪
眞島 めいり/作  牧野 千穂/絵
講談社
2020年発行  ISBN 978-4-06-518129-4
信州に山村留学生として来た行人。留学生はすぐいなくなるので仲良くしないに限る。満希はそう思っていたが、行人は7年もいた。でも大学は他県に行くと聞き、満希はわりきれない気持ちを抱く。
●ご予約はこちら
泥
ルイス・サッカー/作  千葉 茂樹/訳
小学館
2018年発行  ISBN 978-4-09-290622-8
いじめから逃れようと学校裏の森に立ち入ったマーシャルを追い、タマヤも森へ。そこへ現れたいじめっ子チャド。タマヤが足下の泥を投げつけ、難を逃れる。しかし翌日チャドは登校してこなかった!
●ご予約はこちら
ページのトップへ