図書館員のおすすめ詳細

吸血鬼ドラキュラ 角川書店

Teens'
吸血鬼ドラキュラ

ブラム・ストーカー/著  田内 志文/訳
2014年発行 ISBN 978-4-04-101442-4

実は「ドラキュラ」という単語は吸血鬼という意味ではありません。日本では吸血鬼=ドラキュラという意味になっていますが、本来「ドラキュラ」は個人の名前でした。その名前を知らしめたのがこのブラム・ストーカーのドラキュラ伯爵。
物語はある城に捕らわれた一人の男の手記からはじまる。男の婚約者の日記や、生きたまま虫や鳥を食べようとする異様な患者を診ている医者の手記たちへと視点が変わっていく。原因がわからないまま衰弱していく女性。手記のあちこちに登場する怪しげな影。大きなコウモリ。赤い瞳の男。首筋の傷あと。やがて、恐ろしい存在が彼らの前に現れる……。
鋭い牙、赤い瞳。冷徹だがどこか魅力的。そして十字架とニンニクが弱点。いま私たちがイメージする吸血鬼の姿を作り出した小説です。

ページのトップへ