図書館員のおすすめ詳細(一般)

【西葛西図書館】テーマ:図書館・美術館

晴れた日は図書館へ行こう
緑川聖司/著
ポプラ社
2013年発行  ISBN 978-4591135303
主人公のしおりは小学5年生の女の子。彼女の日課は従姉妹の美弥子さんが司書として勤めている図書館に通うこと。その図書館で起こる事件や謎を美弥子さんや同級生と解決していく、という内容の日常ミステリーです。
連作短編集なので、ちょっとした隙間時間にも読めます。とても読み易く、読後感の爽やかな作品です。
●ご予約はこちら
図書館戦争
有川浩/著
アスキーメディアワークス
2006年発行  ISBN 978-4-8402-3361-3
公序良俗を害す表現を取り締まるメディア良化法という法律を施行した政府と本の自由を守ろうと発足した図書館部隊のお話。難しい言葉も多いですがちょっぴりピュアなラブストーリーも!?別冊含めシリーズ全6冊。必見です!!
●ご予約はこちら
遊園地に行こう
真保裕一/著
講談社
2016年発行  ISBN 9784062200882
人生に挫折していた遊園地で働くスタッフ達が、少しずつ笑顔を取り戻し再生していくお話しです。
また、遊園地の裏の姿が順を追って語られているので、思わず遊園地に足を運びたくなるような気持ちになります。
後半には謎解きもあり、「痛快なテーマパークミステリー」となっていて最後まで楽しめます。
●ご予約はこちら
ムーミン全集1 新版ムーミン谷の彗星
トーベ・ヤンソン/著
講談社
2019年発行  ISBN 978-4-06-514855-6
ムーミン谷の様子がおかしい。それはきけんな星が地球に向かっているから?
ムーミンとスニフは遠くの天文台へいかだで出発します。川下り、おさびし山の崖、谷間を竹馬で渡ったり、冒険の連続!
スナフキンやスノークのおじょうさんとも初めて出会います。
そして、彗星が迫るその時、ムーミン谷のみんなは…?!
●ご予約はこちら
箱庭図書館
乙一/著
集英社
2013年発行  ISBN 9784087451313
著者が読者のボツになった小説を集めてリメイクした短編集。恋愛、ミステリ、ファンタジー等「物語を紡ぐ町」でバラエティ豊かに展開されます。一話完結ですが、図書館員の「潮音」があちこちに登場するので、伏線をたどるように読むのがおすすめ。各話をどのように改編したか語られている、あとがきも楽しいです。
●ご予約はこちら
ページのトップへ