図書館員のおすすめ詳細(一般)

【小岩図書館】テーマ:鍛える

脳にいい!通勤電車の乗り方
加藤秀徳/著
交通新聞社
2019年発行 ISBN:9784330013190
「毎日の通勤につかれている」「通勤時間がムダだと感じている」「朝からやる気が湧いてこない」「仕事でもっと成功したい」
今は自宅で仕事をしている人も多いと思いますが、通勤時に上記の項目に心当たる人にはお勧めしたい本です。
脳内科の著者が唱えている方法で脳と体を鍛えて、コロナ後の通勤に備えましょう。
●ご予約はこちら
全身改造メソッド
中野ジェームズ修一/著
新潮社
2016年発行  ISBN 9784103502517
青山学院大学の箱根駅伝2連覇を支えた人気トレーナーによる、正しい知識でより良い身体づくりを実践できる本。
初心者の素朴な疑問に応えながら、肉体改造を成功へと導く有益なアドバイスを与えてくれます。
●ご予約はこちら
不便のねうち
山本ふみこ/著
株式会社オレンジページ
2012年発行  ISBN 9784873038049
好きな時に買い物に行けない、やりたいことが材料・設備がなくて思うようにできないと悩んでしまう方へ。便利につかっていたものがなくても、今あるものや昔の方法で家事をする、不便を楽しむという考え方はいかがでしょうか。手を動かしてすることの価値をあらためて考える本です。
●ご予約はこちら
トレーニングの相棒 プロテイン
野沢秀雄/著
ベースボール・マガジン社
2014年発行  ISBN 9784583106878
おうち時間で筋トレをする方も増えたかと思います。日々の運動と一緒にプロテインを摂取することで病気の予防も期待できるそうです。意外と手軽に試すことが出来るので、この機会に鍛えた身体をさらに高めてみませんか。
●ご予約はこちら
『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」
山口周/著
光文社
2017年発行  ISBN 9784334039967
従来のエリートは論理的な思考(サイエンス)には強いのですが、現代の経営につきもののVUCA(不安定、不確実、複雑、曖昧)には対応できません。そこで「美意識(アート)を鍛え、それらを解決していこうというものです。哲学的な側面もありますが、わかりやすい文章で気軽に読める一冊です。
●ご予約はこちら
ページのトップへ