図書館員のおすすめ詳細(こども)

どの本よもうかな【幼児向け】

どんどこ どん どんどこ どん
和歌山静子/作
福音館書店
つちのなかで どんどこ どんどこ
にんじん、じゃがいも、さつまいも
いつもおいしくいただくやさいたち。芽が出てそだって、土のなかではどうなっているのでしょうか? どんどこ どんどこ……口ずさみながら、ページをめくってみてください。大きくなっていく身近なやさいの姿をおうちでよんでみましょう。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:2分
もりのおふろ もりのおふろ
西村 敏雄/さく
福音館書店
もりのおふろにライオンがやってきました。次にゾウがやってきて、ライオンはせなかをあらってもらいます。やがてたくさんのどうぶつたちがあつまって、みんなでせなかをごしごししゅっしゅ。子どもと一緒にごしごししながら読むと楽しい絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:3分
ゆきみちさんぽ ゆきみちさんぽ
えがしら みちこ/作
講談社
まっしろな雪げしきの中を女の子がお散歩します。
「さくさくさく」「ぱさっぱさっぱさっ」「ぴとっぴとっぴとっ」などのくりかえしの音がリズミカルです。
「なんのおと?」と子ども達に問いかけていく読みやすい絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:3分

どの本よもうかな【低学年向け】

つきのぼうや つきのぼうや
イブ・スパング・オルセン/さく・え やまのうち きよこ/やく
福音館書店
たてながのサイズに水色の絵本といえば、この本。デンマークで50年以上前に出版され、長く親しまれています。ある晩、おつきさまは池のなかにもうひとりのおつきさまをみつけます。気になったおつきさまは、つきのぼうやをよび、もうひとりのおつきさまをつれてくるようにいいつけます。つきのぼうやは、りんごをとってくれたむすめのかみにつきのかけらをふりかけたり、けむりのなかをとおりぬけたり、いろいろな人や動物たちに出会います。上から下へ目線がうつり、つきのぼうやと同じような感覚を味わいながらすすんでいく不思議な絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:6分
ゆきのなかのりんご ゆきのなかのりんご
フェリドゥン・オラル/文・絵 ふしみ みさを/訳
復刊ドットコム
寒い冬のある日、お腹を空かせたうさぎが食べ物を探していると、木の上に実っている真っ赤なりんごをひとつ見つけました。でも木が高すぎて手が届きません。そこでうさぎは、ねずみ・きつね・くまと協力しりんごを取る方法を考えます。森の動物たちが力を合わせ団結する姿に心温まる絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:5分
ウィリーのそりのものがたり ウィリーのそりのものがたり
ダニイル・ハルムス/文 ウラジーミル・ラドゥンスキー/絵 たかはし けいすけ/訳
セーラー出版
ページを開くと、遠目でもはっきりと見える迫力ある大きな絵に引き込まれます。「ウィリー そりが おきにいり」 “り”の音が繰り返し出てきてリズミカルに読めます。そりが次々と色々な物にぶつかっていく展開も楽しめる絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:3分

どの本よもうかな【中学年向け】

黒ねこのおきゃくさま 黒ねこのおきゃくさま
ルース・エインズワース/作 荒 このみ/訳 山内ふじ江/絵
福音館書店
貧しい暮らしをしているおじいさんの楽しみは、土曜日の晩のごちそう。おいしい羊の肉に、体を温めてくれるミルクにひたしたパン。ごちそうを想像して、おじいさんはにっこりします。するとそこへ、1匹の黒ねこが現れました。おなかをすかせてにゃあにゃあ鳴く黒ねこに、おじいさんは自分のごちそうをどんどん分けてしまいます。 真冬の寒い時に読んでほしい、優しい気持ちになれる1冊です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:14分
ぺトラ ぺトラ
マリア・ニルソン・トーレ/作 ヘレンハルメ美穂/訳
クレヨンハウス
冬のある日の朝。ペトラが起きると、なんか変。からだのもようのブチが、ひとついなくなっていました!ブチは、外の世界が見てみたかったのです。出かけて行ったブチのことを考えながら、ペトラは過ごします。そして春になると、ブチはペトラのところに帰ってきました。本当に大好きなところに、帰ってきました。子どもの成長を喜びたいシーンにおすすめの絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:5分
でっかい かまくら つくったよ でっかい かまくら つくったよ
鈴木 永子/さく
リーブル
大雪の朝、だいちはパパとでっかいかまくらを作りました。ところが、妹のふうこに入口を壊されてしまいます。怒っただいちは一人でかまくらの中にいますが、だんだんさみしくなります。そこへ、みんなが次々にやって来て……。
寒い冬に心温まる一冊です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:6~7分

どの本よもうかな【高学年向け】

ありがたいこってす! ありがたいこってす!
マーゴット・ツェマック/さく わたなべ しげお/やく
童話館出版
小さな村の、小さな家に、家族9人がそろってわめきごえをあげながら、けんかさわぎの毎日を暮らしておりました。そんな毎日に耐えられなくなった、この家の不幸な男は、知恵を借りにラビのもとへと向かいます。次から次へとくりだされる、耳を疑うようなラビの知恵。はたして、このあわれな男とその家族たちに、平穏な毎日は訪れるのでしょうか?
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:6分
つなのうえのミレット つなのうえのミレット
エミリー・アーノルド・マッカリー/作絵 津森 優子/訳
文溪堂
旅芸人のベリーニがつなわたりをしている姿を見て、ミレットは自分もやりたくなってしまいます。そこでベリーニに教わろうとするのですが断られてしまいました。どうやらベリーニには何か秘密があるようです。二人の姿に最後までハラハラしてしまう絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:10分
しまふくろうとふゆのつき しまふくろうとふゆのつき
手島 圭三郎/絵・文
絵本塾出版
冬の厳しい自然の中で生きるしまふくろうの様子が、静かに力強い言葉で表現されています。
雪におおわれた冬の森と生き物をダイナミックに描き出す版画絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:5分
ページのトップへ