図書館員のおすすめ詳細(こども)

どの本よもうかな【幼児向け】

しゃっくりがいこつ しゃっくりがいこつ
マージェリー・カイラー/作 S.D.シンドラー/絵 黒宮 純子/訳
らんか社
ヒックヒックヒック。がいこつがめざめたら、しゃっくりがでていました。とまらないしゃっくりをとめようといろいろためしてみますが…。はたしてしゃっくりはとめられるのでしょうか?くり返されるしゃっくりの音とコミカルながいこつの動きが楽しい一冊です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:4分
とんだ とんだ とんだ とんだ
いまもり みつひこ/きりえ・ぶん
福音館書店
いろんな色や形のちょうちょが順番に飛んでいく絵本。それぞれのちょうちょがいろんな飛び方をするので、読み分ける事でさらに楽しめます。色と形と音を楽しめる絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:3分
もりのなか もりのなか
マリー・ホール・エッツ ぶん/え まさき るりこ やく
福音館書店
かみのぼうしとあたらしいらっぱをもって、ぼくはもりへさんぽにでかけます。もりのなかには、おおきなライオンやゾウのこども、クマにカンガルーと、たくさんのどうぶつたちがいて、ぼくのさんぽについてきます。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:7分

どの本よもうかな【低学年向け】

ねこはちときんとっと ねこはちときんとっと
寺島 ゆか/作
文溪堂
ポコおじさんは食べたことが無いごちそうなんてありません。
なにかねこのねこはちは、金魚のきんとっとをみるのがすきなんだけど、きんとっとは、ねこはちのことが怖いんです。ある日、飼い主のすみれが熱を出してしまったので、きんとっとは部屋までお見舞いに行こうと水槽を飛び出します。きんとっとが廊下で立ち往生しているとねこはちがやってきました。さあ、たいへん!
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:5分
なんにでも レナール! なんにでも レナール!
玉置 永吉/作 中川 貴雄/絵
教育画劇
モグラのまほうつかいレナールはもりのともだちたちにすてきなおまじないをかけてくれます。「ナンニデモ レナール!」ブタさん、ゾウさん、ワニさん、ネズミさん… いったいどんなおまじないなんでしょう? 子どもと一緒に声を合わせて読みたい一冊です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:7分
おだんごぱん おだんごぱん ロシアの昔話
せた ていじ やく  わきた かず え
福音館書店
こなばこをかいてあつめてできたおだんごぱん。ころころころがっていえのそとへ。うさぎやおおかみにたべられそうになるけれど、うたをうたってにげていく。にげだしたおだんごぱんは、いったいどうなるのでしょう。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:6分半

どの本よもうかな【中学年向け】

みずとはなんじゃ? みずとはなんじゃ?
かこ さとし/作 鈴木 まもる/絵
小峰書店
あたりまえのようにある水は、飲むだけではなく、体の中にある悪いものを流し出したり、反対に大事な栄養を体に取り入れたり、病気を防いでくれる働きもしているのを知っていましたか?水には、まだまだ他にも沢山の性質があるのです。水とはなんだろう?を考える一冊です!
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:10分
みんな くるくる、よってくる みんな くるくる、よってくる
おの りえん/ぶん はた こうしろう/え
フレーベル館
ピンポーン!ふー、まー、いー、うー4人兄弟の家に突然捨て猫がやってきた。捨て猫一匹に四苦八苦していると、またもや一匹猫がやってきた。猫が2匹になり、3匹になり大慌て!どうしてみんな、ふーの家にやってくるの?
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:8分
メアリー・スミス メアリー・スミス
アンドレア・ユーレン/作  千葉茂樹/訳
光村教育図書
メアリー・スミスは、よあけまえに家をでて、しごとに行きます。パン屋の前で立ち止まり、ポケットから、かちかちの豆をとりだして、チューブにこめて、プッ! と、ひとふき! 町のあちこちで豆をふいていきます。さて、メアリー・スミスのしごととはいったい何でしょう?
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:5分

どの本よもうかな【高学年向け】

エジソン エジソン
トーベン・クールマン/作 金原瑞人/訳
ブロンズ新社
ネズミの大学の物知りな教授のところに、ピートという若いねずみがやってきました。彼のご先祖様がのこした宝をいっしょに探してほしいというのです。宝は、船といっしょに海にしずんだことをつきとめた2匹は、深海を目指し準備をはじめます。果たして宝は見つかるのでしょうか?
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:10分
しんぞうとひげ しんぞうとひげ アフリカの民話
しまおか みゆこ/再話 モハメッド・チャリンダ/絵
ポプラ社
どうして男にはひげがあって、人間の心臓は左側にあるの?アフリカの民話にはそんな疑問に面白おかしく答えてくれる話があります。しんぞうとひげと人間がまだ別々だったころの話。はらぺこなしんぞうとはらぺこなひげが出会うとおかしなことが起こります。いったいどうなるでしょうか?
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:7分
干し柿 干し柿
西村 豊 写真・文
あかね書房
干し柿を作る様子を、写真で紹介。しぶ柿の皮をむき、つるした後、わらの上で干す。つるつるの柿が小さくしわしわになっていく。しぶい柿を干すことであまくし、食べられるようにした先人の知恵、自然の恵みへの感謝が感じられる。後半は、子どもたちが、自分で干し柿を作る様子が描かれている。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:8分
ページのトップへ