図書館員のおすすめ詳細(こども)

どの本よもうかな【幼児向け】

おおきくなりたいこりすのもぐ おおきくなりたいこりすのもぐ
征矢 清/ぶん
夏目 義一/え
福音館書店
ひとりだちをしたこりすのもぐが、食べものをさがしに行きます。見つけた木の芽や木の実、花びらをもぐもぐたくさん食べると、ほら、大きくなったでしょ、とうれしそうに言います。子どもたちによみきかせながら、「たくさん食べて元気に大きくなってね」という気持ちを伝えることができる、春にぴったりの絵本です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:3分
とりのうた とりのうた
すえのぶ ひろこ/文
さこ ももみ/画
教育画劇
一羽のとりが、寒い冬から暖かい春への変化を色々な言葉で表現し、自然や生き物たちに優しく語りかけています。 季節の移り変わりが色使いで分かり、読むとウキウキ、ワクワクしてきます。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間:3分
いちごばたけの ちいさなおばあさん いちごばたけの ちいさなおばあさん
わたりむつこ/さく
中谷千代子/え
福音館書店
いちごばたけの土の中にちいさなおばあさんが住んでいます。おばあさんの仕事は、いちごの実に赤い色をつけて歩くこと。でも、いちごの色はどうやってつくるのでしょうか? ひとりで一生懸命がんばるかわいらしいおばあさんのお話です。
●ご予約はこちら
読み聞かせ所要時間5分
ページのトップへ